テクニカル分析とファンダメンタルズ分析。

投資をする際、適当に売買をしていてはいけません。
ある程度チャート分析を行わなければ利益を狙うことは難しいでしょう。

そんなチャート分析に役立つのが「ファンダメンタルズ分析」と「テクニカル分析」です。

●ファンダメンタルズ分析
現在の情報をもとに、将来の株価変動パターンを予測するための手法
ファンダメンタルズ分析は非常に有効な分析手法でありながら、プロの投資家と比べると情報収集力が劣ってしまいがち。
ですので、個人投資家にとっては不利だという専門家もいらっしゃいます。
ただし、ファンダメンタルズ分析をマスターすることで、ある程度の安定したリターンを得ることができるということは統計学的に実証されているとのこと。
専門的な内容になるので難易度も高いですが、しっかりと知識を身につけるべきと言えるでしょう。

●テクニカル分析
過去の変動パターンをもとに、将来の株価変動パターンを予測するための手法
テクニカル分析は罫線と呼ばれるグラフや図表を使って分析を行います。
相場の位置や方向性、相場の勢いやパターンを読み取るために非常に有効的です。

また、ファンダメンタルズ分析は長期的な売買に役立ち、テクニカル分析は短期的な売買に役立つ分析方法なのでチェックしてみてください。

どちらかを重視する分析ではなく、両方をバランスよく使用して分析を行っていくことがおすすめ。
たとえば、「ファンダメンタルズ分析でもテクニカル分析でも同じ方向を示している」というときは、予測の精度がかなり高くなるためです。
つまり、両方の分析方法をきちんと理解・把握することで効率よく使用することができるのではないかと思いました。
テクニカル分析のほうが主流ですが、ファンダメンタルズ分析もうまく取り入れて確率の高い予測をしたいものですね。

ちなみに、FXではテクニカル分析が主流となっているそうです。
経済的な要因を考慮せず、チャートの動きだけを情報としてトレードするということのほうが動きが予測しやすいと言われています。

Posted: 8月 6th, 2016 under FX関係.

Write a comment