ED治療薬であるシアリスは、病院やクリニックで処方してもらう事が基本です。
病院やクリニック以外では海外から輸入する事で手に入れる方法があります。
しかし安全面から病院やクリニックが推奨されていますが何故なのでしょうか。
第一に、必要な指導を受けられるという点があります。

シアリスは医薬品であるので正しい服薬方法があります。
ただ飲むだけではなく安全に服薬して効果を得られる様に医師から指導・助言を受ける事は大切です。
またこの助言が重要な理由としては、薬には飲み合わせと言うものがあります。
一緒に飲む事で副作用を増大させたり薬もあり危険ですので、健康維持のためには慎重になる必要があります。

ネットの情報に踊らされず、医薬品である事を重く受け止めて理解しておく必要があります。
そして第二に挙げられるのが、病院やクリニックなら偽物を処方される心配がないという点です。
EDは何も日本人だけの悩みではなく世界中で改善薬が求められている悩みです。
ED治療薬も改善・改良を重ねた結果、第三のED治療薬であるシアリスは誕生しました。

後発薬の利点は、先発薬のリスクを踏まえて改良している事です。
副作用を軽減したり食事の影響を受けないなど、より使用しやすい様に改良されています。
その為シアリスは世界中で人気の商品です。
人気の商品には偽物が出回るという事が多々あり、シアリスも類に漏れず、近年その偽物が出回っている事が公表されています。
偽物とは有効成分が少なかったり、劣悪な環境で製造されることで不純物が混入していたりと、まともな効果が得られないばかりか健康を害するものです。

病院やクリニックであれば、安全が認められたものしか処方されないので安心です。
確かにシアリスは海外から取り寄せる方が価格も安く、病院の専門外来に行く手間を省けるかもしれません。
しかし自身の既往歴により服用が危ないという事を、一般人には判断できません。
医薬品は高い効果の反面、使い方を誤ると最悪命に関わります。
安全に安心して利用する為に、シアリスは病院やクリニックで処方してもらう事が推奨されているのです。

シアリスは保険適応される?料金は?

シアリスは病院で処方されますので、病院の専門外来やクリニックに通院して検査を受ける必要があります。
診断結果がEDだと治療薬を処方されますが、シアリスを含めて医療機関では3種類のED治療薬を用意しています。
場所によっては取り扱っている治療薬が異なるので、シアリスを希望する場合は事前に調べたり問い合わせる事、または医師に相談する必要があります。

シアリスの価格は2000円です。これは何日分とかではなく1錠の価格です。
高いと感じる方がほとんどでしょうが、ED治療薬は健康保険の対象外であるため、10割負担になります。
シアリスには容量別に5mg・10mg・20mgがあります。状態に合わせて医師が判断して処方されます。
5mgだと1600円、10mgで1800円となり、20mgで2000円です。この価格は全国平均であり、受診する医院や科によっても違います。
EDで悩む場合はED外来専門やクリニック以外に泌尿器科でも処方してもらえます。泌尿器科でも価格は同じくらいです。
またこれはお薬代であり、検査費や診察料金も保険が適用されず全て自費になります。なぜ保険が適応されないのでしょうか。

ED治療薬に保険が適用されないのは病気を治す薬として厚生労働省が認めていないからです。
ED治療薬と言われていますが、シアリス等は一時的に勃起不全を改善する効果があるお薬です。
その為、根治する事が目的ではない生活改善薬の1つという事になっています。
シアリスは適用対象外なので、病院やクリニックでは自費となり継続すると料金は高額になります。

しかしED治療は薬だけではありません。原因は人それぞれです。
生活習慣病の糖尿病や高血圧、更年期障害による男性ホルモン減少等といった原因の場合は保険適用範囲内で治療を受ける事も可能です。
その為、EDだからといって薬を飲まなければならないなんて事はありません。
飲む必要があるか否かも知る為に、病院やクリニックに通院するのです。