原油マーケットの価格変動から為替変動を予測する

投資を行う場合、投資先となっているものの値動きについて予測することが勝利のためには欠かせない条件となります。例えば為替投資を行う場合、対象となる為替がどのように上下するのか、というのを様々な情報をベースにして予測をすることになります。それでは、どのようなことが為替変動の予測のために利用できるのでしょうか。

まず重要なポイントとなるのが「国際情勢」です。対象となる通貨に関係している国が、国際的にどのような状況になっているのか、ということによって価格の変動を予測する、というものです。例えば昨今テロの問題などによって揺れているEUの通貨であるユーロは下がりやすい状況になっています。また、その周辺国の通貨についてもやはり下がりやすい状態となっており、安定的な状況であるとはいえません。こういった時に、これらとは関わりにくい、遠くにある国の通貨というのは上がりやすい傾向があります。他国に問題が起きると、日本円が高くなることがあるのはこういった理由です。

さらに、もう1つ重要なポイントとして「原油マーケット」の価格があります。原油というのは、今や経済活動に欠かすことができない存在となっています。原油が安くなっていると、為替も乱高下しやすくなる傾向があります。一般の人からすると原油が安くなるのは良いコトのように思われますが、何故これによって乱高下が起こることになるのでしょうか。

当然、産油国にとっては原油価格の低下は非常に大きな問題となります。輸出額が低下することによって、経済活動が停滞してしまう可能性があるためです。そのため、一見関係ないように見えるカナダなどの通貨も下がる傾向があります。逆にアメリカなどについては、原油価格が上昇した場合に低下する傾向があります。原油マーケットの価格変動と為替変動の関係について、国ごとに押さえておくと、原油価格の方を追いかけることによって為替価格の変動を予想することが可能になります。

Posted: 8月 10th, 2016 under FX関係 - No Comments.

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析。

投資をする際、適当に売買をしていてはいけません。
ある程度チャート分析を行わなければ利益を狙うことは難しいでしょう。

そんなチャート分析に役立つのが「ファンダメンタルズ分析」と「テクニカル分析」です。

●ファンダメンタルズ分析
現在の情報をもとに、将来の株価変動パターンを予測するための手法
ファンダメンタルズ分析は非常に有効な分析手法でありながら、プロの投資家と比べると情報収集力が劣ってしまいがち。
ですので、個人投資家にとっては不利だという専門家もいらっしゃいます。
ただし、ファンダメンタルズ分析をマスターすることで、ある程度の安定したリターンを得ることができるということは統計学的に実証されているとのこと。
専門的な内容になるので難易度も高いですが、しっかりと知識を身につけるべきと言えるでしょう。

●テクニカル分析
過去の変動パターンをもとに、将来の株価変動パターンを予測するための手法
テクニカル分析は罫線と呼ばれるグラフや図表を使って分析を行います。
相場の位置や方向性、相場の勢いやパターンを読み取るために非常に有効的です。

また、ファンダメンタルズ分析は長期的な売買に役立ち、テクニカル分析は短期的な売買に役立つ分析方法なのでチェックしてみてください。

どちらかを重視する分析ではなく、両方をバランスよく使用して分析を行っていくことがおすすめ。
たとえば、「ファンダメンタルズ分析でもテクニカル分析でも同じ方向を示している」というときは、予測の精度がかなり高くなるためです。
つまり、両方の分析方法をきちんと理解・把握することで効率よく使用することができるのではないかと思いました。
テクニカル分析のほうが主流ですが、ファンダメンタルズ分析もうまく取り入れて確率の高い予測をしたいものですね。

ちなみに、FXではテクニカル分析が主流となっているそうです。
経済的な要因を考慮せず、チャートの動きだけを情報としてトレードするということのほうが動きが予測しやすいと言われています。

Posted: 8月 6th, 2016 under FX関係 - No Comments.

FXをしたいなら、何から始める?

FXをしたいけれども、何から手をつけて良いのかわからないというみなさん。今の為替、言えますか?1ドル何円か、1ユーロ何円か。もしよくわからないままFXをしようと思っているのなら、まずは外国為替に興味を持つところから始めましょう。外国為替レートは、テレビのニュースでも流れますし、Yahoo!などの情報サイトの経済情報(ファイナンス)をチェックすれば、グラフで値動きがわかるようになっています。昨日の値動き、先週の値動き、ここ1か月の値動き、ここ半年はどうだったか……など、過去の様子がよくわかります。

さて、そのグラフなのですが、普通の折れ線グラフではないということにも注目してみてください。折れ線グラフの上に、縦長の長方形がずらずらと並んでいるのがおわかりいただけると思います。色が塗ってあるもの、塗ってなくて白いものの二種類があるのではないでしょうか。これらのマークは「ローソク足」と呼ばれるもので、FXをするなら必ずその読み方を知っておきたいものです。

ローソク足というのは、一定期間の始値と終値、最高値と最安値を一目みてわかるようにしてあるマークです。一日の値動きを表した「日足(ひあし)」、1週間の値動きを表した「 週足(しゅうあし) 」、1か月の値動きを表した「 月足(つきあし)」があります。長方形の底辺または上辺がその期間の始値と終値をそれぞれ示し、始値より終値が高かったときは白い長方形、始値より終値が下がったときは色を塗った長方形で示されます。

さらにその上辺・底辺からまっすぐ上下に伸びている線がある場合がありますが、これは「ひげ」と呼ばれます。始値・終値よりも最高値・最安値が高かった場合/低かった場合に、そのポイントまで伸ばされる線です。ひげが長ければそのローソクの期間の値動きが激しかったのだなとわかりますし、だんだんと値下がり傾向のときには色を塗ったローソクがたくさん並びますし、値上がり傾向のときには白いローソクが並ぶというわけです。参考にしてください。

Posted: 7月 30th, 2016 under FX関係 - No Comments.

初心者の方のための外為情報

「FXで何百万円も稼いだ!」なんて話を聞くと、FXってどんなにすごいものなんだろうと気になりますよね。でも一方で、「FXで損失が出て大変だ~……」などという失敗談を聞くと、FXがなにかとても恐ろしいものに思えてくるかもしれません。このように、投資初心者の方にとってFXは”大きなチャンスと大きなリスクを併せ持つなにか”という印象であることが多いようです。ここでは初心者の方向けに、FXについての情報を整理したいと思います。

FXとはForeign eXchange(外国為替)の一部を取ったもので、日本語での正式名称は「外国為替証拠金取引」です。「外為(がいため)」などと呼ばれることもあります。日本円を基準にして考えると、ある通貨に交換(両替)して、もう一度円に戻す間に、為替レートが変動していたら、もとの日本円よりお金が殖えている可能性があるということです。たとえば1ドル=100円のときに1,000ドル買うとします。すると、最初に必要なのは100円×1,000=100,000円ですね。その後、1ドル=110円になったときに円に戻すと、1,000ドル=110,000円ですから、1万円も増えたことになりますね。(実際にはここから手数料などが差し引かれますが。)このように、為替差額を利用して、外国通貨を買ったり売ったりするのがFXです。

ちなみに、外貨預金とFXの違いがよくわからないという方がいらっしゃるかもしれません。外貨預金もFXも日本円を外国通貨に交換するという意味では同じですが、外貨預金の場合は一定期間保有しておかないと充分な利益が見込めませんが、長期保有するということはリスクも高まります。また、外貨預金とFXを比べるとFXの方がはるかに手数料が安いです。

さて、FXの仕組みをご理解いただいたところで、きちんと利益を追求していくためにはどうすれば良いのかについても少し触れておきましょう。まずは、損失が出てもあわてずにすむ範囲で取引をしましょう。チャンスを狙いすぎて、リスクをまともに受けてしまうと破産してしまいかねません。万が一失敗しても破産しない範囲の金額で取引することが大切です。また、チャートを読んだり過去のパターンを知るなど、経済学として為替の値動きを勉強してから予測することも大切です。まだ自信がないという方は、FX会社が提供するバーチャルFXで練習すると良いですよ。

Posted: 7月 28th, 2016 under FX関係 - No Comments.

知っておきたい外貨投資のこと。

投資をするうえで、分析はとても大切です。
具体的にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析があるのですが、どちらもレートの分析が目的となります。
投資の内容によって使い分けるというよりも、それぞれから有益になる分析を投資に活用するということがおすすめと言えるでしょう。

外貨投資でももちろん分析は必要になります。
日本円を外貨に交換してから投資を行うというやや独特なスタイルなので、分析をしながら取引を行っていくというのが一般的なスタイル。
とはいえ、外貨投資について詳しく知らなければ分析もどれを用いればよいのかわかりませんよね。

そこで、外国為替の解説サイトとして『外為入門.com』というサイトをおすすめします。
こちらのサイトを作成しているのは、投資歴10年の40代男性です。
投資はFX(外国為替証拠金取引)のみということですが、他の外貨投資にも興味があるとのことで独学で調べているそう。
非常に深い専門知識を持っておられ、投資に興味がある方やこれから外貨投資を始めたいと考えている方に正しい知識の理解をしてもらいたいということがサイト作成の目的とのことです。

また、2016年6月にあったイギリスのEU離脱問題にも触れられており、外国経済の最新情報もしっかりとカバーしてくれているのがうれしいポイント。
サイト情報が新しくないウェブサイトが多い中、常にリアルタイムの情報を提供してくれるというのは投資にとっても非常に役立つことです。

また、サイト内では、
・外国為替証拠金取引
・外貨預金
・外国債券
・外貨建てMMF
という4種類の外貨投資について詳しく説明してくれていました。
いずれも外貨投資のメジャー商品ばかりなので、詳細を知っておくことでどれが自分にとって向いているかということの判断材料にもなると思います。

外国の通貨で取引をするということでハードルが高いと思われるかもしれませんが、基本を押さえておけば気軽に始められる投資です。
ぜひ詳細をご確認ください。

Posted: 7月 26th, 2016 under FX関係 - No Comments.